FC2ブログ

血を流しているの。わからないの?


nikki1206.png

 子ヤクモ様の修行用の妖怪が幻じゃなかったんですけど、モンジュさん。幻じゃなかったんですけど、モンジュさん! モンジュさん!!?

 というわけで、吉川家のスパルタ教育に戦慄いた再生会5、6話感想文。
 らくがきが上がらなかったのでアップ先延ばしにしていたら、あやうく7話に突入するところでした。
 以下、再生会の範疇を飛び出したネタバレもあるので注意。
 以下どころか一行目から飛び出しているので注意文の意味が大体失われていますが、もーまんたい!


 とりあえず、マサオミさんの牛丼アピールに一切触れず、10才児に家賃の話題を持ち出し、幼馴染の暴走を放置し、同級生の厚意を平然とスルーするりっくんの天然外道っぷりが遺憾なく発揮されていて何よりです。
 私が書くりっくんは可愛いに軸が振れていますが、天然外道じゃないりっくんなんて牛丼じゃないマサオミさんばりに意味がないと思うので、公式本当楽しいです。
 そんでもって、地流の人たちが同僚が姿を消したからって天神町に来てはまた消えていくって、りっくんアイアムレジェンドの世界に入ってるじゃん。伝説の怪物的な意味で。

 そして、5話の見所はきっと兄の台詞に対して涙目になったわりには案外兄よりひとりの力で生きていけるハイスペックショタ枠の登場なのだとわかっているのに、マサオミさんが相変わらず不審者なのに格好良くてですね、普段ヤクモ登場から後しか見返さないのでわりと新鮮というか、ヤクモが来るまでのマサオミさん本当格好いい!
 いや、ヤクモ様来てからも格好良いですけど、いかんせん超えられない壁レベルでヤクモ様格好いいから、ヤクモ様はよ……ッ(血
 思惑はあるにしても絶体絶命のピンチは必ず助けてくれるマサオミさん胡散臭くても頼られるのも納得する。
 コゲンタは重要な時に助けないっていうけど、実際のところどうしようもない場面は助けてくれているわけで、やだもうマサオミさん格好いいッ
 りっくんを強くするためにりっくんが勝てる範囲を超えた地流は間引いてるんだと考えると、マサオミさんとタイザン部長の計画性凄いわけですよね。たった2人なのに。
 ただし、この後ヤクモ様を警戒しない無能っぷりを発揮するわけで、その卒のなさはどこへやってしまったのだろうというか、それだけヤクモ様が規格外だったわけですよね。何それ燃えるヤクモ様はよ!
 重要な時どころか常に助けてくれないヤクモ様はスパルタの申し子。ヤクモ様はよ!
 戦闘はユーマ相手に若干なめぷ入ったマサオミさんですが、この後は一貫してりっくんとユーマ君圧倒するところを見ると、いかにも余裕っぽく見せながら追い払うのは流石に難しいってことなんでしょうか。
 何より恐るべきは、このマサオミさんにずっと手加減してた気配のあるヤクモ様……(震え

 ちょっと、登場もしていないヤクモ様の話にブレているので一旦もどって、マサオミさんの解説パート。
 情報の小出し上手い17歳。後、説明が丁寧。漫画組は見習うべき。
 ただの解説と見せかけて、ラストに来る「忘れられるというのは、時に死よりも辛い」という言葉は、この時点のマサオミさんが姉上の記憶は消えたものとして認識していることを思うと凄く重い。
 ウスベニさんの記憶が0になるわけではないけど、ウツホの里で、ウスベニさんとキバチヨと子どもたちと一緒に過ごした日を取りもどすことがマサオミさんの願いであることを考えれば、その間のウスベニさんの記憶が消えるっていうのは……。
 正直、マサオミさんはアニメ版の記憶を失う設定に一番苦しめられている人なのではないかと。


 今更ですが、不審者という単語には格好いいという賞賛が含まれていますね(真顔)


 6話は修行パート。
  りっくん本体を鍛えようとするコゲンタを見つめながら闘神士本体を鍛える意味はないと突っ込んでくれるランゲツ様が優秀だと気付かされました。
 そして、色々と突っ込むべきポイントはあるのですが、カバティ部作ればよかったんじゃないでしょうか。
 むしろ、ヤクモ様が高校(に行ってるかどうかに疑いが残りますが)ででカバティ部作ってないかな。
 そしてそして、ツクヨミさん以上に荒いコゲンタの闘神符説明。
 こんなところでマサオミさんがいない弊害が……。

 全体としては、まだボート部(になってない)の面子が互いの距離をはかりかねた呼称を使うのが個人的に楽しいです。
 りっくんがコゲンタに出会って色々得たものがあったうちのひとつが友だちなわけで、そう思うと言葉に出来ない熱い思いがですね……!

 6の感想短いですが、チーム17歳出てないので察してください。
 もうすぐチラ見えするだろうヤクモ様含んで正座待機中ですよ!
 その後ちょっとが遠いわけですが……うぅヤクモさま……


 というわけで、明日は7話です。
 さっさと仕事切り上げて帰ってきますよー!


追記:
告知出しに行った際にこっそり覗きに行ってすみません。
ご迷惑でしたら拒否しておいてください。

告知は出しましたが、再生中はツィッターには上がりません。
次は余裕があれば8話の告知の時に姿見せます。すみません。


スポンサーサイト



Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

流古秘水

Author:流古秘水
エルフと和物をこよなく愛する人。
中二病がわりと通常運転。
燃えだけで3食いける気がするけど、
ご飯はやっぱり大事。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
セルフィ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する