FC2ブログ

悶死しそうなので最終話視聴の妄想は封じておきます

nikki1089.jpg


 コゲンタの新旧闘神士比較でヤクモが確実に突っ込むべきポイント→「印も一つしか知らなくて」。
 ヤクモはひとつも知らなかったことを忘れる程度にはコゲンタはヤクモに夢見てると思う瞬間。
 でも、24話最大の問題発言は、記憶喪失のリクに対するマサオミの自己紹介(?)が「俺だ! 丼の!」ってところですね。
 ちょっと感想が昨日に遡りましたが、言いたかったので。
 ついでに、41話のりっくんによるマサオミ回想が超シリアスシーンなのに丼の回想とニアイコールなんですが、なんですが……(゚ω゚)

 というわけで、最終話まで駆け抜けました。やらかした……ッorz

今回ツボに入ったのは、44話あたりから何か喧嘩売られていることはわかるのに何で喧嘩売られてるのかわかんねーよでヤクモがぽかーんってしてるところからの、46話で マ サ オ ミ の こ と か って気付いてからの行動力。
 とりあえず、ソッコーでマサオミを口説き落とす。
 ただし、甘やかさない。
 というところに! 公式の破壊力!(床バンバン)


 そういや、うちのオニシバの設定はタイザンが現代飛んできてから契約予定だったのですが、やっぱりアニメ見る限り過去(1200年前)契約の方がすんなり行くか、と思い直したので、また小説の修正箇所が増えそうです(血
 ということは、多少漫画オニシバとタイムパラドックスすれすれですが、太極神が降った後に神流は現代にわたって来て欲しいので、まあ、おkか、と。

 つまり、オニシバはタイザンと契約した過去ありでナギさんと契約なわけですが、ナギさんは闘神機なわけで名前どうするよって話になってしまうのですが、契約時ナギさんから式神に「おんしの名前は?」って聞いたら「オニシバ」って答えが返って来たからじゃあそれでっていう感じだと、オニシバのタイザンへの思いとか、その思いを組んでやれる半端ない包容力のナギさんとか、何か凄い燃えてきます。
 あるいは、オニシバが呼び出されると同時に自らオニシバって名乗るので、じゃあそれでって笑いながら決定しちゃうナギさんって感じの2人でも美味しいです。
 そんでもってナギさんの性格に最初はちょっと振り回されるオニシバだけど、そのうち慣れていくといいですね。
 後、そうなるとオニシバはヤクモのことを知っているわけで、本当はタブーなような気もするけれど「あの子どもは生かしておいた方がいい」くらいの助言をナギさんに与えて、ナギさんも変だなとは思いつつも特に突っ込みなしで、元々気にしておくつもりだったけど更に気をつけてヤクモを見守るようになったとかないですか……!ないですね。
 この妄想しながら、自分本当ナギさん好きだなって思いました。(゚ω゚)


 よし、おんみょ視聴でヤバイ時間になってしまったので寝ます!!!

スポンサーサイト



Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

流古秘水

Author:流古秘水
エルフと和物をこよなく愛する人。
中二病がわりと通常運転。
燃えだけで3食いける気がするけど、
ご飯はやっぱり大事。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
セルフィ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する