FC2ブログ

ところで、進撃の○人の話数カウント華麗に間違ってた

nikki1082.jpg

 弟の2週目TOAプレイ中、ナタリアだったかが「奇しくもここには世界を代表する人間が集まっている」的な発言をしたときに、そういやTOPパーティは最終的に世界の総意という形でダオスと戦っていたけど、本来世界を代表するような立場の人間の集まりでなかったわけで、そこにエルフ族の代表であるブラムバルドが参戦するとなったらどんな感じだろうか、と妄想してました。
 要するに、族長が参戦して欲しいっていういつもの願望です。
 妄想が止まりません。

 というか、族長はもう参戦しないのでしょうか……くそぅ、ロディが羨ましいッorz
 今後参戦できる方法として一番妥当な線は、チェスター不在の過去編の弓兵枠だと思うのですが、アーシアイベントがあるから過去編の族長ずっと石化してるうううううぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(ごろごろごろごろごろgr
 その辺考えると、サブキャラクターとして未来編で強い方のエルブンボウ入手後から参戦でしょうか。どう考えてもチェスターと武器の奪い合いですね。くそぅ……orz


 で、どの時点でもいいので仮にパーティ参加したら、是非いっぺんクレスらの横っ面はたいて冷静になれって怒ってやって欲しいです。
 TOPパーティの恐ろしいのは、自分たちが世界を動かしてしまう規模の信仰の対象になっているにもかかわらず、その自覚もなく、ダオスの行動の矛盾に薄々気付きながらも、それを熟考することもなく無視して進んだこと。
 クレスたちを後ろ盾したお偉い人たちが、よもや本当にダオスの事情を“何も”知らなかったとも思えないし、そうすると、多分クレスたちの人の好さを理解した上で、最強の戦力を失わないよう、あえて黙って戦わせたんだと思うわけです。
 世界中の人間のためという大義面分をあえてちらつかせ、クレスたちを焚きつけた人間が悪というわけではなく、クレスたちの純粋な向こう見ずもアセリア世界の救済のためにはどこまでも正しいけれど、そのために戦いが終わってからクレスたちが向き合うことになる罪悪感を考えると、誰かがぶん殴ってでも一旦止めてあげるべきだった。
 そして、ブラムバルドはお偉い様としての事情とかも知った上で、何も知らずに利用されるクレスたちを哀れに思う程度には優しくて、叱ってやれるぐらいには大人だったんじゃないかと期待しています。

 ダオスと和解できる可能性というのは基本的になかったと思います。
 そこは、ヴァンとかミトスとかと同じ。根本的に相容れない。
 けど、ダオスがいなくなる前に自分たちで進むべき道を選択させてもらえていれば、後のクレスたち(なりダン)が「本当にこれで正しかったのか?」と悩んで苦しみ続けるのも多少なりと緩和されたろうし、誰かがそういう機会を与えて、クレスたちに本当の意味での決着をつけさせてあげて欲しかったです。
 そういう最後の後味の悪さも含んでTOPの良さですが……。

 でも、そんな純粋で前しか見えていないクレスたちと一緒にいることで、ブラムバルドはブラムバルドで立場に拘って見えなくなっていたものに気付かされて、だからこそ一度は見捨てた人間との共生をエルフ族にもう一度その是非を問うとかそういう展開がいい。

 うん。TOP語り出すと毎度のことながら長いな自分。



 アニメ進●の巨人6話見ました。
 子ども時代のエレンがイケメン過ぎやしませんか。
 騙し打ちした時の計画性に、成長後よりも恐ろしいものを見た。
 しかし、ミカサ格好良い可愛い格好良い!!!
 巨人戦ももちろんですが、富豪の護衛を軽く峰打ちする姿とか、たまらんかったですッ
 子ども時代のやる気出してからもやばかった(*´ω`*)

 後、ミカサが助けた母子がきっとお礼を言ってる間に横から巨人に喰われるんだ、と思ってがくぶるしながら見てたらそうでもなかったのでほっとしました。


スポンサーサイト



Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

流古秘水

Author:流古秘水
エルフと和物をこよなく愛する人。
中二病がわりと通常運転。
燃えだけで3食いける気がするけど、
ご飯はやっぱり大事。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
セルフィ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する