FC2ブログ

しまった…N周年の準備サボってる

nikki1064.jpg

 色塗りの研究(時間短縮的な意味で)か、キャラの練習か、どっちかに的を絞るべきだったと思うと自分に言ってみるだけ言ってみる。
 要するに、誰これになったわけですが、一応ギルクラの涯。
 前髪の落とし方がわからないです。
 もっとわからないのは、チーム17歳の髪型です。泣きたい。
 とりあえず、前髪に一番問題を感じているので、次回があったらその辺気をつけて挑みます。


 さて、仕事忙しいって愚痴っている間もぼちぼち気になっていたギルクラを、ここに来て一斉視聴するチャンスを得たので、書類作成とか、蜂退治とか、部屋の掃除とか、カメムシの駆除とか、第N回ナギさんについて真剣に考えてみるターンとか、いい加減漫画の下書き終わらせろよ自分って鼓舞したりとか、ブレデフォでひたすら武器作りに勤しんでみたりとか、TOSの小説のできてるやつをアップしてないことをやっぱり今更思い出しててへぺろってなったり、色々しつつ最終話まで一気見しました。


(以下、涯いいいいいぃぃぃぃぃ!!!!!状態に陥った半分腐った人の感想文未満の感想文になります。)


 事前情報が大量に入っていたので、要所要所での驚きとかショックとかは少なかったわけですが、5話あたりから、いのりんと涯のダブルヒロイン制にしか見えなくなってきて、そこそこびっくりしました。ハレ含んでトリプルヒロイン制?
 最終的に3人が集に尽くそうとする感半端なかったです。集が羨まs(ry

 というか、いのりんとハレがそこそこしっかり集を支えようとするのに、しっかり者と見せかけた涯が一番集を頼りにして助けて欲しいオーラがあばばばばばばば(゚□゚;)
 最後、いのりん奪還作戦なので決別していたとはいえ、白涯がずっと辛そうな顔してるのに皆が涯のことに言及しないのに胸が痛んだ……。
 でも、そんな可哀そうな状況が美味しくて仕方ない程度には好きな子ほどいじめたい精神が発動していました。
 そして、そんな状況で四涯に目覚めた自分も通常運転。

 運命的な集とか真名との関係というのも好きなのですが、そういうものをお互いに理解しながらそれとは関係なく長い間一緒にいた四分儀さんと涯という構図に果てしない燃えを感じました。
 四分儀→涯だと、四分儀さんにとって涯は大切な王さまだから、涯が何に固執して、誰を愛していても構わなかったけど、最終的に別物になってしまった涯に2人が過ごしてきた時間を否定されて流石にショックだったんだろうな…とか。王さまとして仕えていたけど、友だと思ってたんだな…四分儀さん…とか。
 涯→四分儀だと、涯は最終的に自分の意志で四分儀さんを裏切ったわけだけど、おかしな運命さえ背負わされていなければ、集(王さま)以外ではじめて自分を傍に並べて考えてくれた四分儀さんの手を取りたかったんじゃないのかな…とか。
 今、脳内で凄い勢いでこれを軸にした転生パロが展開しています。


 後、女の子が皆可愛い。ダリツグいいよダリツグ。もっと前面押し出してくれてもよかったのよ! というか、早くくっつけ!
 最終的には各々が成長して、各々やりたかったことやりきった感があるので、案外後味はよかったと思います。個人的な感想なので世間的にはわかりませんが。
 途中ね、生徒会長とか大丈夫か不安だったけど、涯とほほ笑み合ってるの見て凄いほっとしました。
 でも、視聴終わって一番言いたくなったのは、


 ダリルはローワンさんの子だったんですか?


 だった。


スポンサーサイト



Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

流古秘水

Author:流古秘水
エルフと和物をこよなく愛する人。
中二病がわりと通常運転。
燃えだけで3食いける気がするけど、
ご飯はやっぱり大事。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
セルフィ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する